SiteKitを導入するとタグマネージャーとアナリティクスで二重計測になる問題

WordPress用のGoogle製プラグイン、SiteKit by Google。

Google AnalyticsやAdsense、Search Console、タグマネージャーと連携することで、WordPressのダッシュボード上で設定や確認ができる便利なプラグインなのですが、 アナリティクスと連携した後にGoogleタグマネージャーと連携すると、アナリティクスのタグが二重計測される不具合があるようです。

Site Kitとは

SiteKit by GoogleはGoogleのwebサイト管理系サービスとWordPressを簡単に連携できるツールです。

今まで、WordPressにアナリティクスのタグを設置する場合、それ用のプラグインを使いしたり、テーマに直接書き込んだりする必要がありました。

Site Kitを使えば、Google系のツールとの連携がしやすくなるので便利です。

(Site Kitの設定方法は別途記事や動画にまとめます。)

アナリティクスと連携後GTM連携

Site Kitの仕様なのか、先にアナリティクスと連携していないと、タグマネージャーとの連携が出来ないようです。

そのため、まずはGoogleアナリティクスを連携し、その後、タグマネージャーと連携させる必要があります。

二重カウントされてる疑惑

この状態でアナリティクスをしばらく動かして気がついたのですが、直帰率が異様に低い。

タグマネージャーでクリックイベントを計測していると、クリックした=何かしら行動を取った、と扱われて、たとえ1ページしか見てなくても直帰ではない、と処理されます。

それを防ぐためにはタグマネージャーの非インタラクション ヒットを「真」に変更する必要があるのですが、それを行っても解消されず、Chromeの拡張機能の「Google Tag Assistant」で確認してみます。

(Google Tag Assistantについては別途記事もしくは動画にまとめます。)

Google Tag Assistantで確認

問題が起こっているページを見てみるとこのような形。

見事に二重発火。(計測タグが働いていることを発火と呼ぶことがあります)

このままだと2回、アナリティクスで計測されていることになってしまいます。

解決方法

Site KitのAnalytics設定を変更

Site Kitの中のSettingという設定項目を開くと、連携しているサービス一覧が出てくるのでGoogle Analyticsをクリックし、詳細が下に伸びて表示されるので、「Edit」をクリックします。

If the code snippet is removed….という文の下に「Not at this time」「Remove Snippet」という選択肢があるので、「Remove snippet」を選択し、「Confirm Changes」のボタンを押して設定を保存します。

これで、Site Kitが書き出すGoogleアナリティクスのタグは表示されないように設定できたので、Tag Assistantで確認します。

無事にGoogleアナリティクスは1回だけ計測されるようになりました。

二重計測される問題点

二重に計測されると何が問題かというと、直帰率の数字がブレるということです。

一回目に計測されたブラウザが二回目も計測されるので、離脱はしていないと勘違いされて直帰率がほぼ0%になってしまいます。

二重計測されるケース

Googleアナリティクスが二重計測されてしまうWordPress特有のケースとしては、プラグインやテーマで重複して設定してしまっているケースが考えられます。

各プラグインの設定画面やテーマファイルを確認して、一つだけ作動するように修正しましょう。

まとめ

Googleアナリティクスに限らず、ウェブ解析ツールを使っていると、どう考えてもおかしい異常値がでることがあります。

そのような場合には、Tag Assistantなどで何のタグが何回動作しているか確認し、原因を特定していきましょう。

なかなか原因の特定が難しい場合には、トラブル対応も受け付けていますので、ご相談ください。

この記事を書いた人

2001年からウェブ業界に携わり、2002年に独立。2006年法人化。
ウェブデザインやコーディング、CMSなどの制作業務から、ウェブ解析、ウェブサイト構築・運用のコンサルテーション、広告運用代行など、ウェブに関する多様な要望に幅広く対応。
また、制作や集客だけではなく、運用・保守など全ての業務を俯瞰した視点での改善提案やアドバイザリーを行っています。

CSS NiteやWordCamp、BAU-YAなどのセミナーやイベントにも、多数登壇。企業研修やマンツーマンレッスン、ブログやSNS、YouTubeでの情報発信など、「ウェブを育てる」知識の教育活動にも意欲的に参加しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA