ブログや記事をリライトする際の参考指標

ブログや記事を書いてそのままにするよりも、最新の情報に書き換えるリライト。

記事数が溜まってくると、どの記事をリライトすべきか、優先順位をつけるのが難しくなります。

そこで、検索エンジンからの集客、SEOという観点で、どのような指標を参考にすればよいかまとめてみます。

使うツール

ブログや記事のリライトの際に参考になる指標が分かるツールがGoogleのサーチコンソールと、検索回数チェックツールです。

サーチコンソール

Search ConsoleはGoogleが提供する、検索エンジンにどのように把握されているか調べるツールです。

Googleの検索結果で、どのようなキーワードで表示され、順位・クリック数なども計測出来ます。

Search Consoleへの登録方法は以下の記事を参考にしてみてください。

検索回数チェックツール

どのキーワードが何回検索されているのを調べるには、Google広告のキーワードプランナーを使うか、aramakijakeなどの検索回数チェックツールを使う方法があります。

キーワードプランナーはGoogle広告に登録しないと使えないので、簡単に確認するにはaramakijakeなどがオススメです。

修正・リライトするべき記事

記事のリライトをしようと思っても、記事数がたくさんあると、どれをリライトするのが良いのか、優先順位が決めづらいもの。

内容に不備がある、補足・修正が必要なもの

記事の内容に不備がある、補足や修正が必要、というものは、指標は無視してリライトすべきでしょう。

検索経由だけでなくSNSからの流入も多い記事であれば、正しい情報になるように修正しましょう。

表示回数も多く、検索順位を上げる余地のあるもの

Search Consoleで「検索パフォーマンス」のページをみて、表示回数も多く、掲載順位が低いものは、改善の余地があります。

掲載順位が低すぎると表示回数も少なくなりますが、表示回数が多いということは調べている人が多いということなので、掲載順位を上げれば、より多くの流入が期待できます。

リライトしたからと言って、すぐに検索順位が上がるわけではありませんが、そのキーワードで自分のサイトよりも上に出ているページを比較してみて、不足している情報はないか、検索意図を満たしているかなど、検討してリライトしましょう。

サーチコンソールでの掲載順位、CTRの表示方法

Sarch Cosoleで検索パフォーマンスの箇所をクリックしても、初期設定では、合計クリック数と合計表示回数しか表示されません。

検索順位、CTRを表示するには上の数字が表示されている箇所をクリックします。

平均CTR、平均掲載順位をクリック
CTR、掲載順位が表示される

ソートを変えると気づきも変わる

※ 2019/06/04 追記

Search Consoleで検索キーワード(クエリ)を表示すると、初期状態では、クリック数順に並びます。

「表示回数」の項目をクリックすると、表示回数でソートされるので、表示回数は多いけれども順位の低いキーワードが見やすくなります。

ソートする項目を変えると、気づきも変わるので、どんどん色んな項目を触って、リライトのヒントを掴みましょう。


検索回数の多いキーワードで掲載順位の低いもの

掲載順位が低ければ、検索結果での表示回数は低くなります。

aramakijakeなどの検索回数チェックツールで、キーワードの検索回数は多いのに、Search Consoleでの表示回数が低い場合、検索順位を上げることで、クリック数は増やすことが期待できます。

そもそも検索需要のないキーワードであれば、リライトしてもクリック数の増加にはつながらないので、検索回数の把握も重要。

1ページ目に表示されているページがどのような構成になっているか、どのような情報を掲載しているか、など、調査し、自分のページに足りていないものをリライトで補足するようにしましょう。

上位表示したいキーワード

上位表示したいキーワードがあっても、どの記事が上位に表示されているのか把握出来ない場合、Search Consoleの検索パフォーマンスのフィルター機能を使うと把握しやすいです。

「新規」というリンクから、検索キーワードを選択し、任意のキーワードを入れると、そのキーワードで表示されている、複合キーワードが出てきます。

各キーワードをクリックして、「ページ」を選択するとどのページが表示されているのか分かります。

ここでも表示回数と掲載順位を見比べることによって、改善の余地のあるページを探すことができます。

掲載順位の割にCTRの低いもの

CTRというのはクリックスルーレートの略で、検索結果に表示された回数のうち、クリックされたものの割合を示す数値です。

掲載順位が上になるほどCTRは高くなる傾向がありますが、同じくらいの順位なのに他の同順位のCTRよりも低い場合、検索結果に表示されたときに、クリックされづらい状況になっています。

記事のリライトとは異なりますが、タイトルタグを再検討するのが良いでしょう。

まとめ

ブログや記事のリライトは、SEO上、有効です。

ただ、闇雲にリライトするのではなく、どの記事をリライトするのが効果的なのか、分析してから取り掛かることをオススメします。

Pocket
LINEで送る

お問い合せはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です