WordPressの日常保守管理についてセミナー登壇 – WordCamp羽田2019

2019年4月20日に東京、大田区の産業プラザPiOで開催されたWordCamp羽田で、セミナー登壇してきました。

スタッフとしてお手伝いもしながら、セミナー登壇。バタバタでしたが、実りも多いものでした。

WordCamp羽田とは

WordCampというのは、世界中各地で開催されている、WordPressに関するカンファレンスです。

規模の小さいMeetupと違い、WordCampになると数百名以上の方の集まる大イベントです。

大田区で定期的に開催されているWordPressMeetup羽田のメンバーが中心になり、開催したのがWordCamp羽田で、2019年は4月20日にセッションデー、21日にコントリビューターデーとして開催されました。

セミナー登壇

WordPressMeetup羽田には、大田区に住んでいたということもあり、2018年秋ころから定期的に参加していました。

WordCamp羽田の開催が決まり、スピーカー募集の案内があり応募。主催者の審査を通過し、登壇の機会を得ることが出来ました。

セミナー当日

セミナー当日はスタッフとして、朝から会場設営や司会、受付などをこなし、自分の登壇までドタバタ過ごしていました。

会場は120名ほど入りそうな、コンベンションホール。

朝からPCの接続確認をしたり、司会をしたりしながら下見は出来ましたが、こんな広い会場で話すのは人生初。

高い演台からは意外とお客様の顔も見え、反応も見ることが出来ました。

WordPressの日常的な保守管理方法

サーバートラブルやサイト改ざんなどの緊急時に、サイトの復元率を高めるための、日常からのWordPressの保守管理方法を、今回は解説。

登壇時のスライドは以下に埋め込みます。

参加者の声

アンケートなどは取ることが出来ませんでしたが、登壇後にお会いした方からは、
メンテナンスの重要性が分かった、
ただ記事を書いているだけではダメなんだと分かった、
というような声をいただきました。

まとめ

WordPressは無料で使える便利なツールですが、初期設定のままでは無防備です。

バックアップ、セキュリティなど、日ごろから注意を払って、安全にサイトを運営していきましょう。

お問い合せはこちらから
無料メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA