Googleアナリティクスを開こうとしたら英語の画面に飛ばされた

2018年7月25日朝、Googleアナリティクスの管理画面に入ろうとしたら、いきなり英語のページに飛ばされてビックリ。

今までブックマークしていたURLからも検索結果からアクセスしても、「Google Marketing Platform」にリダイレクトされ、どこからいつもの画面にログイン出来るのか分からない。

今日、仕事出来ないじゃん…と思いつつ、色々試してみたら、レポート画面にアクセス出来ました。

“Googleアナリティクスを開こうとしたら英語の画面に飛ばされた” の続きを読む

クロスドメイントラッキング時のコンバージョン設定

Googleアナリティクスで、複数のドメインに渡る成果を計測する際に、クロスドメイントラッキングの設定を行うことがあります。

アナリティクスの解析タグを修正するとドメインを跨いだ計測が可能なのですが、クロスドメインのトラッキングを始めたらコンバージョンが計測できなくなったと言う相談があったので、その解決方法をまとめておきます。

通常のコンバージョンの設定方法

Googleアナリティクスでコンバージョン(成約数)を計測するには、

  • 到達URLを設定する方法
  • 滞在時間で計測
  • イベントを計測
  • ECサイトの売上と連動させる

など、いくつか方法があります。

今回の場合、問合せ完了画面でコンバージョンを計測するため、Googleアナリティクスの「目標」のカスタム>到達URLで設定していました。

単独のドメインの解析でよければ、Googleアナリティクスの管理画面に表示されている通り、

/thankyou.html

のようにドメイン以降のURLをスラッシュから記載すれば設定完了します。

管理画面でも

ウェブページの場合は www.example.com/thankyou.html の代わりに /thankyou.htmlを使用します。

と記載されているので、クロスドメインでもそのまま設定してしまいがちです。

クロスドメインでのコンバージョンの設定方法

クロスドメインでトラッキングしている場合には、ここの到達ページに、ドメイン名を含んだURLを指定する必要があります。

http://www.test.com/thanks.html

を指定したい場合はhttp://もしくはhttps://を省いた

www.test.com/thanks.html

と指定します。

正しく設定出来ているか確認

過去7日間に該当するコンバージョンが発生している場合、目標の設定画面の「この目標を確認」というリンクをクリックすると、「過去 7 日間のデータを基にすると、この目標のコンバージョン率は ○○% になります。」と表示され、設定が正しいことが確認出来ます。(下記の画像のような形です。)

ここに○%と表示されれば、設定は正しいので、その設定で保存します。

過去7日間に該当するコンバージョンが発生していない場合には、一度、自分でそのURLを表示し、レポートの「リアルタイム」の中の「コンテンツ」に表示される「アクティブなページ」のURLをコピーして目標の設定画面に登録します。

目標の確認に表示されるには、リアルタイムではないレポートのほうに反映される必要があるので、数時間待ってから、目標としてカウントされているか確認しましょう。

まとめ

外部のECサイトやメルマガ登録フォームなどを利用するサイトでは、クロスドメインでのトラッキングが必要になります。

クロスドメイン用のトラッキングタグの設定だけをして、一安心してしまいがちですが、コンバージョンの設定も修正する必要があるので、忘れないように修正しましょう。

web解析レポート作成が捗る、Googleデータスタジオによるレポート作成の教科書

webコンサルティング案件では、時々、解析レポートを作成。

解析ツールの画面を見れば分かるデータなのですが、ログインして必要なデータを見てくれる方は、かなりレアなので、まとめ直す必要が出てきます。

画面を見れば分かる内容を抽出してまとめ直す作業って、時間もかかるし自動化出来ないものかと思っていたところに目にした「Googleデータスタジオによるレポート作成の教科書」。

出版記念セミナーもあるとのことで、申し込んでみました。 “web解析レポート作成が捗る、Googleデータスタジオによるレポート作成の教科書” の続きを読む

サーチコンソールGoogle Search Consoleの登録方法

サーチコンソール(Google Search Console)は、昔、ウェブマスターツールと言われていたもので、自分のサイトが検索エンジンからどのように見られているか、Googleのボット、クローラーにどのように認識されているか確認出来るツールです。

検索エンジンのSSL化と共に、アクセス解析でnot providedと表示され、流入してくる検索キーワードが把握出来なくなりましたが、サーチコンソールを利用すると、Google系の検索エンジンからの流入キーワードや掲載順位を把握することが出来るので、是非、登録しておきましょう。

“サーチコンソールGoogle Search Consoleの登録方法” の続きを読む

Googleアナリティクスで目標を設定しコンバージョンを計測する方法

Googleアナリティクスを導入して、何も設定していない状態では、

  • どのページが何回見られた
  • どのサイトから訪問された
  • 何人の人が訪問した

など、基本的なアクセス解析は行なえますが、

  • どのサイトからのアクセスが申し込む確率が高いか
  • どの検索ワードが購入率が高いか

と言った分析は行うことは出来ません。

そのためには、Googleアナリティクスで目標を設定し、コンバージョン数を計測する必要があります。 “Googleアナリティクスで目標を設定しコンバージョンを計測する方法” の続きを読む