旅先で動画vlogを投稿するメリット

Pocket
LINEで送る

現在、ハワイのハワイ島に滞在しており、Youtubeにほぼ毎日、動画を投稿しています。

波旅海 TetsuChannel – Surf/Travel/Beach
※URLは変わる可能性があるのでチャンネル登録をお願いします。

毎日、旅先で動画を投稿すると、いろんなメリットがあります。

旅先動画のメリット

動画編集の練習になる

メインの仕事がWeb制作なので、動画を扱うこともしばしばあります。

動画専門に受注しているわけではないのですが、簡単な動画なら自分で作れたほうが早いし、作り方が分からないと、お客様にも説明し辛いので、勉強になります。

動画制作の行程が把握出来る

自分で動画を作ってみると、どのような行程で動画制作をするか、把握出来ます。

また、何日か続けているうちに、自分なりに、どういう順番で作業をすれば、効率良く編集が出来るか、掴んできます。

自分の場合

  1. どんな素材が利用可能か確認
  2. 頭の中で大体の構成を練る
  3. BGMを選定
  4. 素材を読み込みBGMの変わり目に合わせてカット
  5. 文字入れ

というような作業行程が、今のところ、ベストです。

お試し感覚で作業出来る

受託した仕事として動画編集をしたり、メインの仕事の集客のための動画であれば、もっとしっかりこだわって作る必要がありますが、旅先の動画であれば、そこまでクオリティーを求められません。

撮影しながら、手ブレしないように、見ている人が酔わないように、など、最低限のことをは気をつけています。

お試し感覚で楽しんで制作するのにちょうどよい素材です。

アナリティクス

YouTubeには解析機能のアナリティクスが標準で搭載されているので、動画を公開し、何回見られたか、どのような流入経路で閲覧されたか、YouTube内検索でどのように検索されたか、など、色んな情報が把握出来ます。

競合の少なそうな検索キーワードを想定したり、タグ付けを試行錯誤したり、本業にも活かせる解析が行えます。

自力でどこまで出来るか分かる

旅先で動画制作をしてみると、自力でどこまで動画を編集、加工出来るのか分かります。

そうすると、どこから外注さんに任せるか、どれくらいの時間がかかるのか把握出来るので、依頼するときの金額の参考にもなります。

最新の動画編集ソフトを知る

旅先の限られた環境で作業をすると、どのソフトが軽快に動くのか、スマホで動くもので良いので軽いソフトはないのか、など、検索しまくるので、動画編集ソフトに詳しくなります。

普段使っているAdobeのPremiereProをMacBookAirで使おうとしたら、動画を2〜3本読み込んだだけで固まり、到底、旅先で編集出来るものではありませんでした。

Macに標準でインストールされているiMovieを使ったところ、驚くほど軽くてびっくり。以後、iMovieだけで編集しています。

共感を得られる

やはり一番大きいのは、共感を得られること。

画像投稿や文章の投稿では伝わらないことが、動画であれば表現出来ます。

SNSは交流をする場なので、投稿したものにリアクションやコメントがあると嬉しいものです。

SNSの友達数が増えているのもあるので正確なデータはありませんが、感覚値として、前回と比べると、動画を投稿している今回のほうが反応は多いように感じます。

まとめ

旅先で動画編集すると、なんだかんだで1時間ほど、時間を取られてしまいます。

ただ、得られるものも少なくありません。

次にご旅行に行かれる際には、動画版のブログvlogをお試しください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です