ハワイ島旅行日記2018-コナ編

Pocket
LINEで送る

2018年11月、ハワイ島のカイルア・コナに滞在。

旅の前半はコナに宿泊し、後半は東側のヒロに宿泊するのですが、コナに宿泊している期間の行程はこんな感じでした。

1日目

レンタカー

まず、空港についてレンタカーを受け取りに。今回は、英語のサイトで調べたら、コンパクトカーと同じ程度の料金だった、Jeep Wrangler。

宿泊先のAirBnb

エアビーアンドビーで手配した宿泊先は、かなり安い宿でしたが、到着したら、その理由が分かりました。

なんと、どの窓もガラスがなく、網戸のみ。

バスルームと部屋の間は、ドアがなくカーテンのみ、という開放感あふれる作り。

眠れないかと思いましたが、意外と静かで、虫も入ってこないので、快適に過ごさせていただきました。

カハルウビーチパークでシュノーケル

到着した日は、機内で寝れなかったこともあり、近場でシュノーケリング。海に浸かると時差ボケが治るという話も聞きますが、体を疲れさせると熟睡出来る気がします。

2日目

2日目は、今回のメインの目的のコナコーヒーフェスティバルへ。

朝食はPine Tree Cafeというところで食べ、近くで海を見ようと思ったら、初めて知ったサーフスポットでした。

コナコーヒーフェスティバル

ホルアロアという、少し内陸の高台で行われた、コナコーヒーフェスティバルのCoffee & Art Strollへ。色んなコーヒー農園が出店し、来場者からの人気投票によるコンテストも行われていました。

夕波サーフィン

夕方は前日に見つけたポイントで、今回、初サーフィン。

時間も遅めだったので、2本ロングライド出来たところで、撤収。

スーパーでお惣菜を買って、仕事、動画編集して就寝。

3日目

朝一サーフィン

朝一、今回見つけたポイントでサーフィン。波が小さくなっていて、日曜日のせいかピークは混雑。なかなか乗れずに終了。それでも綺麗な海での波乗りは楽しめます。

サウスポイント

ハワイ諸島の最南端でもあり、アメリカ合衆国の最南端でもあるサウスポイント。昔、ポリネシア人が上陸した場所という説もあるようです。

グリーンサンドビーチ

サウスポイントから徒歩だと1時間半、四駆で30分のグリーンサンドビーチ。名前の通り、緑がかって見える砂が特徴のシークレットっぽいビーチです。

今回は日曜日だったので、結構、人も多かったのですが、平日だと空きすぎていて、逆に怖いくらいです。

(動画編集中)

4日目

コーヒーシャック

コナのコーヒーベルトにある、コーヒーシャックで朝食。ケアラケクア湾からホナウナウなど、海沿いのスポットを見渡せる絶景のカフェです。

(動画編集中)

ケアラケクア湾

イルカも遊びに来るというケアラケクア湾。キャプテン・クックが上陸した場所まで、湾をカヌーで渡って、シュノーケリング。何もない海をカヤック一つで渡るのは、初体験で少し恐怖感がありました。

(動画編集中)

ホナウナウ湾でシュノーケリング

プウホヌア・オ・ホナウナウという国立歴史公園の横にある、ホナウナウ湾でシュノーケリング。海の透明度が高く、人も多いシュノーケルスポットです。

(動画編集中)

カイルア・コナで夕日を見ながら夕食

カイルア・コナの町中で、夕日を見ながら夕食。

コナの町中は、西向きので、海に面したレストランは、夕日を眺めながら食事が出来ます。まったりのんびり、幸せな時間でした。

5日目

マウナケアや、キラウエア火山を見て回るには、ヒロのほうが近いので、5日目はコナ→ヒロへの移動日です。1時間強の運転ですが、寄り道しながら、移動します。

まとめ

ハワイ島は公共交通機関も少ないので、自由に見て回るにはレンタカーが必須。

全てをツアーで回っていたら、いくら予算があっても足りません。

交通量もさほど多くないので、海外での運転が初めてでも、少しは安心。ただ、郊外に行くと、みんな結構スピードを出しているので注意が必要です。

宿泊先はワイコロア方面に泊まる人が多いのですが、ハワイ島の南方面まで行く予定なら、カイルア・コナエリアの宿泊がオススメ。ワイコロアのリゾートホテルエリアと比べると、片道30分程度は移動時間が短くなりますし、カイルア・コナの街なかをぶらぶら散策出来るのも良いところです。

海で遊ばない人にとっては、魅力が少ないかも知れませんが、シュノーケリングだけでも、ハワイ島の大自然を満喫出来ます。

次回の旅行先に、ハワイ島はいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です