ハワイの路上でフリーペーパーを読むのは危険?

Pocket
LINEで送る

webに関わる仕事をしている人間としては、現地のフリーペーパーはどんなものなのか見てみたいもの。

重たいので持ち歩いたりはしませんが、ハワイでワイキキに滞在中に、朝の波チェック帰りに事件は起こりました。
(事件というのは大げさかも知れませんが)

事件

カラカウア通りからクヒオ通りまで抜ける間の、フリーペーパースタンドから日本語のフリーペーパーを数冊貰った後、滞在先までに戻る途中、明らかなホームレスがいるなぁと思ったら、

Give me a tip

と声をかけられました。

フリーペーパーを持ったらいきなりです。

しかも、5分程度の間に2人から。

色んなサイトに、ガイドブックを持って道に迷っていたり、明らかに観光客とわかる行動は危険と書かれていたので、短パンにビーサン、Tシャツに無精髭と、なるべく目立たない格好をしていたのですが、フリーペーパーを持っていると標的にされちゃう訳ですね。

ハワイ旅行に行く前に、カカアコの公衆トイレでの傷害事件を知ったため、かなり気をつけてはいたのですが、実害はなかったものの、ホームレスが近寄る隙を作ってしまったのは失敗でした。

ワイキキの治安

前にワイキキに行ったのが2016年だったので、2年ぶりのワイキキ滞在。

2年前もホームレス多いなと思ってましたが、2018年の今年は、ほんとに多く目にしました。

朝の波チェックに行けば、ビーチで寝てる人、ビーチ際のベンチで寝る人がいるし、ハワイカイのほうにドライブに行けば、ホームレスのテントが並んでいる公園がありました。

大人しく佇んでいるだけのホームレスならまだましですが、大声を出したり、ホームレス同士で喧嘩したり、物乞いして来たりする人も多いので、危険を感じます。

また、以前は、クヒオ通りにしかいなかったストリートガールが、今回はカラカウア通りにまで進出していました。

派出所が近くにあるとこですよ。

そのくらい治安は悪化しています。

自衛するために出来ること

危険な地域に近づかない

「ハワイ 危険」などと検索すると、事件の発生件数の多い地域などが出てきます。特に必要がない限り、危険な地域に危険な時間帯に行くのはやめましょう。

観光客と明らかに分かる行動をしない

ガイドブックを持ってウロウロしたり、現地の人は着ないようなリゾートっぽい服を着るのは良くないようです。在住者のような雰囲気を出しましょう。

情報収集

ハワイは観光地のため、なかなか危険なニュースは表に出てきません。

ただ、ネットで調べると

など、治安や危険に関する情報が出てきます。

また、ハワイに住んでいて自身もカメラを強奪されそうになったYouTuberの方もいるので、その動画を見ておくのも良いでしょう。

どんな犯罪が増えているのか、どんな地域で起こっているのか、事前に情報収集して危険なエリアは避けるようにしましょう。

まとめ

フリーペーパーにはお得なクーポンも情報もありますが、見えるところに持つのはやめましょう。カバンに入れて、ホテルの部屋でじっくり読むべきです。

実害はありませんでしたが、ホームレスに声をかけられるということ自体が、気分の悪いもの。

フリーペーパーの業者さんも、webサイト化する、webアプリ化するなどして、観光客の安全に気を配っていただきたいものです。

フリーペーパーのweb化、アプリ化は、お仕事として対応可能ですので、ご興味があればご相談ください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です