大田区コミュニティーサイクルを借りてみた

Pocket
LINEで送る

有酸素運動を増やすため、区民プールに通い始めたのですが、徒歩だと片道30分。

車で行っても良いのですが、何か他に移動時間を短縮する方法はないかと考え、見つけたのが、大田区のコミュニティーサイクル(レンタル自転車)です。

事前準備

まず、大田区コミュニティーサイクルのサイトで会員登録しておきます。

パスコードなどがメールで送られてくるので、携帯で確認出来るメールアドレスを登録しておきます。

料金はクレジットカードで決済するので、会員登録時に入力が必要。

スマホ用のアプリも入れておくと、位置情報から最寄りの自転車置場(サイクルポート)が探せるので便利です。

借り方

ICカードや電子マネー対応のスマホなら、タッチして使える、というようなことが書かれていたと思うのですが、事前設定が足りなかったせいか、使えませんでした。

スマホでコミュニティーサイクルのサイトの「ログイン」し、借りるサイクルポートを選択すると、借りられる自転車の番号が一覧で表示され、気に入ったものを選択すると、下の画像のような4桁のパスコードが表示されます。

利用登録したメールアドレス宛にも送られてくるので、画面を消してしまった場合には、メールをチェックしましょう。

選択した自転車の後ろ側の説明を読みながら、このパスコードを入力すると、解錠され、自転車を動かすことが出来るようになります。

自転車

借りられる自転車は、タイヤは小さいのですが、電気アシスト付きで、ちょっとした段差を越えようとペダルに足を加えると、グーンと後ろから押すようにアシストしてくれます。

右ハンドルには3段階のギアがあり、左ハンドルにはアシスト強度を選べるボタンが付いているので、傾斜や体力に応じて、好みの負荷で漕ぐことが出来ます。

返し方

目的地近くのサイクルポートに行き、空いている駐輪場に自転車を駐車後、施錠して、液晶に表示される通りにボタンを押すと、返却手続きが完了します。

返却完了と同時にメールで通知が来るので、安心。

自動延長されてないか不安にならずに済みます。

問題点

初めてコミュニティーサイクルを利用して、手頃に借りられるし、乗り捨ても出来てとても便利でした。

ただ、不便な点もあり、

  • サイクルポートが満車だったらどうするのか
  • 隣の区では返却出来ない

という問題があります。

大森駅からすぐ近くの、利用者が多そうなサイクルポートは4台しか駐輪できないのです。

近所のサイクルポートは10台以上あるので借りる時には問題ありませんが、返す時に駅で乗り捨て出来ないとなると、ちょっと不便。

また、住んでいる大森駅は大田区と品川区の境目なので、一つ隣の駐輪場では乗り捨てできない問題があります。

もう少し柔軟に乗り捨てできると便利なのですが、今後の改善を期待します。

まとめ

30分150円という値段で自転車を借り、乗り捨て出来るコミュニティーサイクル。

10分位の利用だと高い感じもしますが、バスで移動するような距離であれば、待ち時間もなく、移動手段の選択肢に入れても良いかも知れません。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です