管理画面と違うフォルダにWordPressのサイトを公開する方法

Pocket
LINEで送る

WordPressの管理画面は、初期設定の場合、サイトをaaa.comに公開しようとすると、aaa.com/wp-admin/になります。

ただ、このままではセキュリティー上も脆弱なので、aaa.com/kanri/wp-admin/など、初期設定とは異なるURLに管理画面を設置するのがオススメです。

管理画面URLにしたいフォルダにWordPressをインストール

管理画面を設置したいURLにWordPressをインストールします。

aaa.com/kanri/だとすると、kanriというフォルダを作成し、そのフォルダにインストールしましょう。

管理画面で設定

管理画面の設定>一般を開き、WordPressアドレスに管理画面のURLを入力します。インストール時のURLになっているので、基本的には変更は必要ありません。

サイトアドレス(URL)にページを公開したいURLを入力します。
aaa.comなどのようにドメイン直下にトップページを設置したい場合には、aaa.comと入力します。(最後にスラッシュ「/」は要りません。)

公開する階層にindex.phpをコピー


WordPressをインストールしたフォルダにある index.phpをFTPソフトなどで、一度、PCにダウンロードし、パスの設定を変更してから、トップページを公開したいフォルダに アップロードします。

1.FTPソフトでindex.phpをダウンロード

PCに分かりやすいフォルダを作り、WordPressのインストールフォルダにあるindex.phpというファイルをダウンロードします。aaa.com/kanriを管理画面にする場合、kanariフォルダに入っているものです。

wp-blog-header.phpへのパスを変更

ダウンロードしたindex.phpをテキストエディタなどで開くと、wp-blog-header.phpへのパスが記載されています。

ここを管理画面のURLに合わせて修正します。
aaa.com/kanriを管理画面をする場合は/kanri/wp-blog-header.phpとなります。

変更が出来たら、公開するフォルダにアップロードします。

パーマリンク設定画面で保存をクリック

管理画面の設定>パーマリンク設定で、記載内容は変えずに保存をクリックします。

そうすると公開する予定のフォルダにhtaccessファイルが生成され、管理画面と別の公開URLでサイトが確認出来るようになります。

すでに設置済みの場合

すでにWordPressを設置済みで、公開URLは変えずに、管理画面のURLだけを変更したい場合は以下のような手順で行います。

  1. 現在のWordPressのファイルを全部ダウンロード
  2. 新しい管理画面URLにアップロード
  3. 新しい管理画面でサイトアドレスを変更
  4. index.phpをコピー、パスの変更、アップロード
  5. パーマリンク設定を保存

というような流れになります。

念の為、データベースのバックアップ、WordPressのバックアップを取ってから作業するようにしましょう。

まとめ

管理画面が初期設定の場合だと、不正ログインなどのリスクが上がります。

多少の設定で、リスクを下げることが出来るので、管理画面は独自の推測しにくいURLに変更するようにしておきましょう。

※さらにセキュリティーを上げる方法もあるので、また別の機会に記事にします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です