WordPressの保守管理料金相場

Pocket
LINEで送る

WordPressはコアファイルという本体と、プラグイン、テンプレートなどの、脆弱性が発見されるごとにバージョンアップされ、最新のものにアップデートして使うことが必要です。

ただ、相談を受ける案件などでは、古いバージョンのまま放置されたサイトも少なくありません。

そこで、アップデートやバックアップなど、WordPressの保守管理を委託した場合の料金相場を調べてみました。

WordPressの保守管理項目

「WordPress 保守 料金」というワードで検索してみた上位10サイトを調査してみました。

保守管理の内容としては、

  • コアファイルのバージョンアップ
  • プラグインのバージョンアップ
  • バックアップ
  • データベースのバックアップ
  • サイト監視
  • セキュリティー監視
  • メール、電話、チャットでのサポート

というような項目が挙げられます。

また、料金が高めのサービスでは、テスト環境での検証を行ったり、復元サポートまで含むことがあるようです。

全体的に、どの項目を行うか、定期的に行うか、行う頻度などによって、価格帯が変わります。

料金体系

WordPressの保守管理の料金体系としては、1回だけ行うスポット作業、毎月行う定期作業に分かれており、大体のサービスでは初期費用を設けています。

今まで放置されていたWordPressサイトの場合、初期作業として、大部分のバージョンアップを行うと同時に、セキュリティー用のプラグインなどを設定すると、翌月以降の作業量が減るため、初期費用を設けているところは月額費用が低め、初期費用のないサービスは月額費用が高め、という傾向があります。

WordPress保守管理の料金相場

管理項目の箇所でも記載した通り、作業項目によって料金は変わってきますが、ざっくりと平均値を出すと、以下のような形です。

初期費用の平均:40800円
月額費用の平均:28430円

サイトの復元は別途料金が発生したり、月一回しかアップデートしなかったり、料金が低いところはそれなりに、作業が少なめになる理由があるようです。

まとめ

WordPressのバージョンアップ、バックアップは、個人の方でも多少勉強すれば出来るものです。

ただ、バックアップデータからのサイトの復元、不具合発生時の対応などは、プロでないと時間がかかり、難易度も上がる作業になります。

月額費用を払ってバージョンアップを代行してもらうか、自力で対応するか、判断が難しいところかと思いますが、脆弱性が知れ渡ってる古いバージョンのWordPressを使い続けることは、「攻撃してください!」と言っているようなもので、とても危険です。

情報収集をして自力で対応するか、プロに依頼するか、どちらかの方法でバージョンアップは行いましょう。

ちなみに弊社も相場通りの料金で、WordPressのバージョンアップ代行、保守管理も対応可能です。ご興味のある方は、お問い合わせフォームよりお知らせください。

Pocket
LINEで送る

WordCamp Haneda 2019 - 4月20日(土)、4月21日(日) 大田区産業プラザPiOにて開催
登壇予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です