web制作・確認作業にオススメのブラウザの使い分け

web制作の仕事をしていると、サイトを修正して、確認してと言う作業が頻繁に発生します。

時々、問題になるのが、CSSや画像ファイルがブラウザにキャッシュされてしまっていて、最新の変更が反映されないこと。

修正したはずなのに、ブラウザで見ると変わっていない…と言ったことがよく起こり、キャッシュを削除してみると反映されてる場合が多いので、ブラウザを使い分けるようになりました。

ブラウザの使い分け方

まず、普段使いするサービスとしてG suiteなどのGoogle系のサービスが多いので、Chromeは普段使い用のブラウザにしています。

どうしてもドキュメントやGmailなど、Chromeでの動作が軽いし、他のブラウザだと不具合の出ることも多かったので、google系のサービスを使うならChrome一択ですね。

また、googleのアカウントにログインしっぱなしにすることもあるので、chromeは普段使い用にしています。

Office365などをメインに使われる方は、Edgeをメインに使うのが良いのかと思います。

 

次に、普段使いではなく、webの動作確認、修正確認に使うブラウザですが、

  • なるべくキャッシュやcookieを削除しやすい
  • webサイトの表示技術への対応が早い
  • web業界的に目の敵にされていない

などが条件になります。

自分の場合、Chrome登場前にメインに使っていたFirefoxを修正確認用に使っています。

修正確認用ブラウザとしてのFirefoxの設定

1.オプションを開く

右上の三本線のメニューからオプションを開きます。

2.プライバシーとセキュリティーをクリック

左側の「プライバシーとセキュリティー」をクリックします。

3.履歴のプラダウンメニュー「記憶させる履歴を詳細設定する」を選択

4.チェック項目を修正

4-1「表示したページとファイルのダウンロード履歴を残す」のチェックを外す。

4-2「検索やフォームの入力履歴を記憶させる」のチェックを外す。

4-3「ウェブサイトから送られてきたCookieを保存する」にチェックを入れる。
サードパーティCookieの保存を「常に許可」、
Cookieを保存する期間を「Firefoxを終了するまで」に。

4-4「Firefoxの終了時に履歴を消去する」にチェックを入れる。

5.履歴の消去設定を確認

「Firefoxの終了時に履歴を消去する」の右にある設定を押すと消去設定の詳細が確認出来ます。

動作確認用に使うブラウザなので、Firefoxを終了した時には全て削除するように設定しておきます。

 

このような設定を行うことで、Firefoxを再起動するだけで、キャッシュがクリアされ、Cookieも削除されます。

そうすると、HTMLやCSSは修正したのに表示が変更されない、という困った現象が起きにくくなります。

 

まとめ

今回ご紹介したブラウザの使い分け方法は、web担当者やweb制作者向けのものになります。

普段使いするサービスや、お仕事の内容によっては、別の使い分け方があるかと思いますが、一つのブラウザだけを使うのではなく、複数のブラウザを使い分けることで、作業や仕事が効率化出来ますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

この記事を書いた人

2001年からウェブ業界に携わり、2002年に独立。2006年法人化。
ウェブデザインやコーディング、CMSなどの制作業務から、ウェブ解析、ウェブサイト構築・運用のコンサルテーション、広告運用代行など、ウェブに関する多様な要望に幅広く対応。
また、制作や集客だけではなく、運用・保守など全ての業務を俯瞰した視点での改善提案やアドバイザリーを行っています。

CSS NiteやWordCamp、BAU-YAなどのセミナーやイベントにも、多数登壇。企業研修やマンツーマンレッスン、ブログやSNS、YouTubeでの情報発信など、「ウェブを育てる」知識の教育活動にも意欲的に参加しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA