550 PWD:Permission deniedというエラーでFTP接続出来ない場合の対処法

Pocket
LINEで送る

FTPソフトでサーバーに接続しようとしたら、550 PWD:Permission deniedというエラーが出て接続出来ない。

サーバー名、ID、パスワードとも間違いがないので、原因と対処法を調べてました。

エラーの原因

FileZillaの画面

Permission deniedというエラーが出ているので、権限がない、という意味合いです。

IDやパスワードに問題がない場合、

  • IPアドレスで制限されている
  • 接続するフォルダで制限されている

などの原因が考えられます。

今回の場合、IPアドレス制限が設定されいたため、自分のIPアドレスを許可リストに追加する必要があります。

ロリポップのIPアドレス制限設定

ロリポップの場合、ユーザー専用ページのセキュリティーの中の、「FTPアクセス制限」で特定の接続先のみ許可することが出来ます。

IPアドレスの確認

通常、IPアドレスの確認をする場合、IPアドレス確認サイトなどで確認し、設定画面に入力します。

ロリポップの場合、管理画面に接続しているIPアドレスも出るため、そのIPアドレスを許可リストに追加します。

その後、設定ボタンを押すと、設定が保存され、無事にFTP接続出来るようになりました。

まとめ

FTP接続する元の、IPアドレスを設定すると、未設定のIPアドレスからは接続出来ないので、セキュリティーが上がります。

サーバーにより設定方法は異なりますが、比較的簡単に設定出来るので、色んな場所からFTP接続するという場合以外には、制限しておくと良いかも知れません。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です