家紋-丸に抱き沢瀉

Pocket
LINEで送る

年末に氏神神社にお礼参りに行った際、ご先祖様のお墓参りもさせていただきました。

先祖代々のお墓には、それぞれ同じ家紋があるわけで、家紋の由来などを調べてみました。

家紋とは

家紋はそれぞれの家の紋章で、自分から意味合いを付けて使い始めたり、目上の貴人などから送られることもあったようです。

我が家では、端午の節句の鎧兜の飾り台に付けたり、着物に入っていたり、お墓にも、もちろん入っていました。

ただ、普段から目にするものでもないので、その意味合いを調べていくと興味深いです。

丸に抱き沢瀉

我が吉田家の家紋は「丸に抱き沢瀉」という家紋です。

沢瀉は、水田や湿地に生える水生植物で、葉っぱの形が矢じりに似ていることから、勝負運のよい勝ち草などと言われていたようです。

沢瀉紋は10大家紋に入り、縁起を担ぐ武将たちに人気があったらしい。

沢瀉紋を使っていた有名人は、毛利家、羽柴家、水野家などがいて、やっぱり武将が多いですね。

参考:沢瀉紋 -武人の心に芽生えた一時の優しさを表す紋-

水田に生える草なので、農家も使っていたことも多いよう。

自分の吉田の吉は、土に口だと農民出身、士に口だと武家出身という説もあるのですが、うちは土に口なので農家だった可能性も捨てきれず、どのようなルーツだったのか、推測することは難しい。

ただ、分かっていることは、江戸時代あたりにいたご先祖様のお墓に入っているということ。

自分のルーツとして大切に使っていきたいと思います。

ブログのロゴに

まずは、ブログのロゴに家紋を入れてみたら、どうなるだろうと思って試してみたら、意外と馴染んでいる気が。

WordPressのTwenty Seventeenのヘッダーメディアをオフにして、家紋を入れただけなのですが、シンプルだけど落ち着きます。

ブログを再開したので、一からテンプレートをカスタマイズしたいところですが、Twenty Seventeenのシンプルさを活かせる気がします。

まとめ

それぞれの家に受け継がれている家紋ですが、なかなか使う機会がありません。

個人ブログや個人の名刺など使うと、ご先祖様とのご縁が深められるかも。

お墓参りに行った際にでも、家紋について調べてみるのもオススメです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です